ニュース

August 8, 2018 Leadership

ジェレミー ファラー氏が新評議委員に就任しました

この度、ウェルカム・トラストの代表であるジェレミー ファラー氏が評議委員に就任しましたことを発表します。また、同団体のイノベーションディレクターのスティーヴン キャディック氏は、理事会のオブザーバーに就任いたしました。

 

ファラー氏は次のように述べています。「GHITはグローバルヘルスの問題解決に日本のイノベーションを活用すること、そして低中所得国に大きな影響を及ぼす感染症の問題を解決するため、分野横断型のR&Dコラボレーションを促進する先駆的な方法の導入に成功しています。GHITの活動に評議委員として参画することがとても楽しみです。」

 

ファラー氏は、2013年のウェルカム・トラトスへの参画以前には、ベトナムのオックスフォード大学臨床研究ユニットで、感染症、熱帯病、そして新興感染症問題の解決のため、18年間ディレクターとして務めてきました。今までに500以上もの科学論文を発表し、多くの学生やフェローを指導し、世界保健機関を含め政府や国際組織の諮問委員会の議長を務めてきました。2015年には、フォーチュン誌に世界でもっとも偉大な50人の指導者リストで12位に選ばれました。

 

また、王立内科医協会と米国熱帯医学会で表彰されました。イギリス医学院と王立協会のフェローでもあります。

 

GHIT FundのCEOであるBT スリングスビーは次のように述べています。「ファラー氏をGHITの評議委員に迎えることができて大変光栄です。ファラー氏の疫学や病態生理、低中所得国で蔓延する感染症の治療に対する多大な貢献は、グローバルヘルスに大きな変革をもたらしました。ファラー氏は患者のために、協力と尊敬の精神を体現しており、彼のリーダーシップによって、GHITはイノベーションのインパクトを増幅させ、さらに大きな変化をもたらすことができるでしょう。」

 

ウェルカム・トラストは2015年にGHITの主要ファンダーとなり、2017年には標的研究プログラムへの投資を開始しました。また、2015年から2018年まで理事会のオブザーバーを勤めてきたイノベーションズ部門シニアアドバイザーのリチャード シーブルック氏に代わり、同団体のスティーヴン キャディック氏が就任しました。