Investments

共同投資

患者へのインパクトを最大化するために

グローバルヘルスの製品開発の成功にパートナーシップが必要不可欠であるのと同様に、製品開発に対する効果的な投 資に関してもパートナーシップが重要となります。複数のファンダーが連携して投資を行うこと、すなわち共同投資は、個々の機関が各々に投資を行う場合と比べて投資のインパクトを増大させることができます。

GHIT Fundは、国内外のファンダーとともに、多くのパートナーシップにおいて共同投資を行っています。例えば、就学前児童を対象にした、住血吸虫症の小児用製剤プラジカンテルの第III相試験に関して、オランダのThe European & Developing Countries Clinical Trials Partnership(EDCTP)と共同投資を行い、臨床データの蓄積や薬事申請等の支援を行っています。また、マイセトーマの第II相試験に対して、スイスのThe Republic and Canton of Geneva through its Internati onal Solidarity Officeと共同投資を行っています。GHIT Fundは、投資効果の最大化を目指し、国内外のファンダーとの共同投資の機会を求めており、各々の投資戦略を擦り合わせることで、有望なイノベーションの創出を推進し、患者に届くように働きかけています。

共同投資によって、ファンダーは投資インパクトを増大し、かつ各々の投資リスクを軽減することができます。さらに、製品開発パートナー自身も、複数のファンダーと連携することで、それらのネットワークや資源を活用することができ、製品開発を加速することができます。また、共同投資を通じて開発される製品をグローバルな製品開発ポートフォリオの中に位置づけることができるようになります。

一方で、共同投資は外部のファンダーからの資金提供に限定されているわけではありません。製品開発パートナーから提供される現物での寄付やサービスも重要な貢献です。例えば、民間企業から提供される人的資源、技術的資源、その他の内部資源などは、製品開発に重要な役割を果たすことから、共同投資の一部としています。

GHIT Fundは、2022年末までに外部からの共同投資額をGHIT Fundの投資額と同額まで増額することを目指しています。今後、共同投資の機会をさらに求め、製品開発の加速と患者への医薬品アクセスを推進していきます。

GHIT Fundとの共同投資に関するご質問等につきましては、お問い合わせまでお願いします。

製品開発のファンダー
投資インパクトの増大
リスクの軽減
製品開発パートナー
製品開発の推進
ファンダーのネットワークや資源へのアクセス​
患者
いち早く医薬品に
アクセス

※ 製品開発プログラムや開発段階によって、必要とされる共同投資の割合は異なります。詳細については公募概要をご確認ください。

共同投資により、GHIT Fundの投資インパクトを増大