Investment

プロジェクト

難治性皮膚リーシュマニア症治療のためのCpG D35併用療法の有効性に関する非臨床試験
Project Completed
 
  • 受領年
    2015
  • 投資金額
    ¥68,771,551
  • 病気
    NTD (Leishmaniasis)
  • 対象
    Drug
  • 開発段階
    Preclinical development
  • パートナー
    株式会社ジーンデザイン, Drugs for Neglected Diseases initiative

イントロダクション/背景

皮膚リーシュマニア症(CL)は、毎年全世界で約100万人が罹患する病気であり、現在この病気に対する満足のいく治療法はありません。内臓リーシュマニア症とは違い、CLは死に至る病気ではありませんが、その醜い瘢痕や社会的な偏見により、特に子どもや女性にとっては深刻な生活の質の低下をもたらします。このアンメットニーズに対処するため、DNDiと株式会社ジーンデザインは、安全かつ有効で、投薬期間が短く、非侵襲的であり、しかも求めやすい価格で、使いやすい治療法の開発に取り組んでいます。

 

推奨されているCLの治療法は、根拠に乏しく有効性も不十分で、現在の薬事審査の基準からすると、承認するには毒性があまりに強すぎると考えられる時代遅れの薬に、長く依存してきました。 プロジェクトの目的:このプロジェクトの目的は、CpG D35の単独または現行の化学療法との併用によるリーシュマニアの感染症状の改善を、化学療法単独との間で動物モデルを用いて比較することです。この研究によりCpG D35の使用を支持する良好なデータが得られた場合には、DNDiと株式会社ジーンデザインは、CpG D35が第1相臨床試験へ移行することの妥当性を引き続き検証してまいります。

 

具体的な活動

研究を開始するため、株式会社ジーンデザインはCpG D35の製剤を調製し、DNDiはin vivo試験を実施する施設を選定します。本研究では、CpG D35の必要量が配送されるよう設計されています。従って、製剤開発(溶解性、等張化、安定性など)は株式会社ジーンデザインと共同で行われ、製剤の適合性を確認します。「すぐに使える」製剤は、このあと研究施設へと送られます。 CpG D35の評価を目的として、24頭のアジアアカゲザルの皮内に、10^7個の L. major発育終末前鞭毛型を接種します。それぞれ臨床のフォローアップ用と生検用に2カ所に接種されます。

 

本プロジェクトによって、グローバルヘルスの課題はどのように解決されますか?

治療戦略:CLの治療の目的は、治癒を早め、瘢痕化を減らし、そして再発を予防することです。アプローチの一つは、化学療法によってほとんどの寄生虫を除去し、その後、宿主の免疫機能が残りの寄生虫を抑えてゆく方法です。もう一つのアプローチは、免疫療法によって免疫機能を強化し、除去を促進させる方法です。これらを組み合わせたアプローチは最良の治療機会を提供し、有効であれば治療の失敗、病気の再発、および薬剤耐性を減らすことになるでしょう。

各パートナーの役割と責任

株式会社ジーンデザインは、DNDiおよび製剤コンサルタントを務めるEddie French教授の支援を受け、in-vivoでの有効性試験に用いるCpG D35を製造します。製造には、有効成分の製造やin-vivo試験のための製剤のデザイン、試験用検体の準備、品質管理や安定性試験が含まれます。株式会社ジーンデザインはCpGオリゴヌクレオチドの開発において非常に広範なプロジェクトマネジメントの経験を有しており、その経験を毒性試験や第1・2相臨床試験、さらにはLC-MSをほとんどの確認試験に用いている本プロジェクトにも活用しています。

 

DNDiはプロジェクト全体のマネジメントと調整、予算管理、報告、およびパートナーとの契約締結に関する責任を負い、プロジェクトの進行を確実なものにします。

 

またDNDi、株式会社ジーンデザイン、および関連するコンサルタントの代表で構成されるCpG D35のための専門家委員会を設置し、in-vivo試験の開始時および終了時に専門家会議を開催します。DNDiは試験の結果を公開し、プロジェクトから得られた知見が他のリーシュマニア症の研究者たちにとっても利益をもたらすものであることを目指します。