GHIT Fund WEBINAR SERIES GHIT Fund WEBINAR SERIES

Advancing innovations through global partnerships for neglected diseases during and beyond the COVID-19 pandemic

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、感染症の脅威に対するイノベーションの重要性とその価値の重みを改めて世界に突きつけました。前例のないパンデミックにも関わらず、COVID-19に対する製品開発は驚異的なスピードで進みました。これは、ステークホルダーが危機感を共有し、十分な資源を迅速に投じることができれば、感染症のためのイノベーションを加速し、スケールアップが可能であることを示しました。GHIT Fundは、顧みられない病気の製品開発において、同様の可能性を最大限に引き出すことに注力しています。

過去20年間、顧みられない病気のための医療技術(医薬品、ワクチン、診断、ベクターコントロール、デバイス)を開発してきた、国際的な非営利組織のProduct Development Partnerships(PDPs)は、グローバルヘルス領域で極めて重要な役割を果たしてきました。 PDPsは、これまで低中所得国(LMIC)において、85の革新的な救命製品の薬事承認並びに市場に出すことに成功しています。 GHIT Fundは、これらの事業体の独自の能力と強みを認識し、2013年以来、未開発の化学・天然化合物、それぞれの団体が有する技術を利用し、マラリア、結核、顧みられない熱帯病(NTDs)向けの革新的な製品の作成に専念し、PDPsと日本の事業体間のパートナーシップに投資を行ってきました。この取り組みによって、GHIT Fundのポートフォリオに複数の有望な候補者が含まれ、複数の案件については、今後数年以内にパイプラインから出現する予定です。

COVID-19パンデミック下、パンデミック後の顧みられない病気との闘いにおけるR&Dコミュニティーの役割、課題、機会について製品開発に携わる国内外の機関がオープンに議論する機会を作ることを目的として、このたびGHIT Fund-PDPs Webinar Seriesを開催することと致しました。本ウェビナーでは、PDPsと日本のパートナーを招き、PDPsの役割、顧みられない病気に対する革新的なR&Dパートナーシップ、および専門知識、ポートフォリオ、パートナーネットワークを活用した将来の世界的な健康脅威への対応について議論いたします。

2021年11月

Coming soon

2021年12月

Coming soon

2022年1月

Coming soon

2022年2月

Coming soon

2022年3月

Coming soon

Past Webinars

2021年9月3日

第1回 Medicines for Malaria Venture (MMV): Developing Life-Saving Antimalarials Through Global Partnerships

    スピーカー
  • ジェームス・ダッフィー氏 MMV 創薬ディレクター
     (発表資料)
  • 野崎 智義氏 東京大学大学院医学系研究科 副研究科長、生物医化学 教授
     (発表資料)
  • 狩野 弘樹氏 田辺三菱製薬株式会社 創薬基盤研究所 主任研究員
     (発表資料)
  • 鹿角 契氏 GHIT Fund 投資戦略 兼 ビジネスディベロップメント シニアディレクター
     (発表資料)