Our Motivation




GHIT Fundは、官・企業・市民がセクターの垣根を越えてパートナーシップを組み、共同で資金を拠出して設立した世界初のグローバルヘルスR&Dに特化した基金(Product Development Fund)です。

開発途上国で必要とされる医薬品やワクチン等の研究開発には市場原理が働かないため、新薬開発のための資金を創出し、研究開発を推進するための新しい仕組みが必要でした。GHIT Fundはその課題を解決するために誕生した画期的なプラットフォームです。

途上国の最貧困層が必要とする医薬品・ワクチン・診断薬の研究開発・製品化に向けて、日本が、GHIT Fundが積極的にリーダーシップを発揮していきます。

▷ GHIT Fundのビジネスモデル
官・企業・市民団体(財団)が共同で基金を作り、開発途上国で必要とされる新薬開発に挑む事例は世界初です。GHIT Fundの誕生とグローバルヘルスの貢献に対するコミットメントは世界に大きなインパクトを与えています。

日本のリーダーシップや存在感を国際社会に向けて発信し続けてきた「官」、開発途上国や新興国などグローバルな舞台でより大きなビジネスを展開する「企業」、日本のパートナーとの連携を強化する「市民」。それぞれがWin-Win-Winの関係を構築しながら、持続可能な方法でグローバルヘルスの課題解決に貢献する、そのためのプラットフォームとしてGHIT Fundが誕生しました。従来の組織の枠組みを超えて、今、日本からパラダイムシフトが始まっています。
GHIT Fundは、日本と海外の共同研究開発を促進・支援することで、開発途上国の感染症の制圧を目指します。

GHIT Fundが触媒的な機能を果たすことで日本と海外の共同研究開発を推進し、日本の製薬企業、大学、研究機関が保有する技術やイノベーションを用いて、開発途上国の健康問題の解決に大きなインパクトをもたらすことができると信じています。

GHIT Fundには、グローバルヘルスR&Dで中心的な役割を担うPDPや、海外の研究機関との強いパイプがあります。その強みを積極的に活用し、日本の製薬企業、大学、研究機関と海外の機関の橋渡しを行い、両者に相乗効果をもたらすパートナーシップの構築を支援していきます。

▷ GHIT Fundのビジネスモデル
▷ GHIT Fundの戦略
HIV/AIDS、マラリア、結核、顧みられない熱帯病など、世界の7人中3人が感染していると言われながら、十分な研究開発が行われてこなかった、感染症に対する医薬品、ワクチン、診断薬の研究開発を支援していきます。

助成金の対象疾患、製品、ステージは各公募によって異なります。
詳細は、Apply for Fundingのページをご確認ください。

▷ Apply for Funding
今もなお、予防可能な感染症で多くの世界の人々が命を落とし、クオリティオブライフが損なわれ、社会基盤や経済発展に大きな影響を与えています。

健康は、人の、社会の、国の基盤を支える根幹です。健康であれば、学校に行くことができます、仕事にも行くことができます、家族を養うことができます。健康な人々が、健康な社会が、国を豊かにし、持続的で安定した成長を支えるのです。開発途上国が今求めているのは、人々の健康への投資です。

GHIT Fundが考える「健康への投資」とは、開発途上国の人々の健康を改善し、命を救うための画期的な技術開発を支援することに他なりません。日本に眠る多くのイノベーションの種を開花させ、世界の最貧困層のために活用することこそ、技術立国の日本だからこそできる新しい国際貢献の形であると考えています。