How We Work


|GHIT Fundの戦略

世界の健康のために、日本のイノベーションを

GHIT FundはグローバルヘルスR&Dのニーズに応えるため、世界で最も優れた研究開発機関と連携しながら、日本の比類なき資源とノウハウを活用して、ヘルスイノベーションの創出に取り組んでいます。限られた資源を最大化するために、探索研究や非臨床研究をはじめ、比較的短期間で市場に送り出す可能性を持ち、グローバルな疾病負荷に対して多大なインパクトを与えることが期待される製品開発プロジェクトに対して投資を行っています。

概念実証(Proof of Concept: POC)を終えた候補製品に関しては、共同出資戦略、ならびに民間企業のパートナーが必須条件となります。GHIT Fundでは、他の出資者等との共同出資戦略を採用しており、私たちが単独で行う投資よりもさらに高い投資効果を得ることができます。具体的には、世界規模で、他の出資者と調整・協調しながら戦略的に投資を行うことができるだけでなく、民間企業のパートナーを必須条件とすることによって、最終的に製品が開発された際に、その製品を必要とする世界中の患者さんのもとへ届けやすくなるのです。

このようにGHIT Fundが触媒的な役割を果たし、日本と海外の製品開発パートナーシップや共同出資を促進することによって、開発途上国に蔓延する感染症の制圧に必要な製品の研究開発を推進し、最終的には世界の最貧困層に製品を届けることを目指しています。

イノベーションへの投資、インパクトへの投資

GHIT Fundは、グローバルヘルスへの投資を「目に見える形で長期にわたって利益をもたらす価値あるもの」と考えています。オープンイノベーション、アクセス、公正、透明性といった創設の4原則に沿って、GHIT Fundでは、助成することを「投資(Invest)」と呼び、助成金受領者を「製品開発パートナー(Product Development Partners)」と呼んでいます。投資による金銭的な利益・リターンは求めませんが、私たちはデータに基づき、かつアウトカムを重視した意思決定を行い、インパクトを追求しています。新たな製品開発に投資することで、数百万の命を救い、人々の健康生活の向上および経済発展に貢献することができると考えています。