How We Work


|創設の4原則

GHIT Fundのビジネスモデル、および戦略は、以下の4原則が基盤になっています:


オープン・イノベーション

従来、特定の治療薬、ワクチン、診断薬の研究開発は、製薬企業やライフサイエンス関連企業などが単独で進めてきました。一方で、複数の組織間が連携し協力関係を築きながら製品開発を推進する「オープン・イノベーション」が近年一般的なR&Dモデルになりつつあります。そして日本でもそうしたオープン・イノベーションが広がりを見せています。

GHIT Fundは、Product Development Partnership (PDP) と強力な関係を築き、またPDPが持つ世界的なネットワークを活用することによって、日本と海外の国際的な製品開発パートナーシップを促進しています。ネットワークで繋がることによって、パートナーの強みや貢献をさらに強力なものにすることができます。GHIT Fundはこのようにして、グローバルヘルスにおける製品開発を効果的かつ効率的に推進しています。


アクセス

今日、世界の10億人以上の人々が絶対的な貧困状態におかれており、開発途上国の多くの人々が1日1米ドル以下で生活しています。そのため、必要最低限の医療・ツールにすらアクセスすることができない状態にあります。その背景には、医薬品の価格、公衆衛生基盤の脆弱性、健康改善のための政治コミットメントの欠如、国際貿易や特許に関する論争、持続可能性・信頼性に乏しい資金メカニズムといった様々な問題が複雑に絡み合い、患者の医薬品へのアクセスを阻んでいます。

GHIT Fundはこうした重大な課題を強く認識しており、製薬企業、大学、研究機関などと連携しながら、最貧困層の人々が入手可能な治療薬、ワクチン、診断薬などの製品開発に取り組んでいます。GHIT Fundの投資を通じて開発される治療薬、ワクチン、診断薬の価格は、「No Gain, No Loss」の原則に基づいて決定することが当基金のアクセスポリシーの中で明記されています。


公正

公正は私たちのミッションの中核をなす原則です。GHIT Fundのミッションは、世界規模での製品開発パートナーシップを促進し、様々な感染症を制圧するために日本の技術、イノベーション、知見をより直接的に活用していくことです。そして最終的には、豊かな人々と貧しい人々の間の健康格差是正を減らすことを目指しています。私たちがグローバルヘルスの製品開発に投資を行うその根底には、すべてのコミュニティおよび個人が、豊かな生活を営むために手頃な価格で必要な製品に、公平にアクセスできるようにする、という信念があります。

GHIT Fundが投資する製品を実際に使用する人々の社会経済的地位は概して低く、疾病の治療または予防に充てられる費用には限界があります。しかし、そうした最貧困層の人々でも経済的な豊かさを享受することができるように、彼らの健康および生活の質の向上を目的としてGHIT Fundは投資を行っています。


透明性

透明性は、投資のインパクトを評価する上で根本的な原則です。GHIT Fundは「製品開発マイルストーン (Product Development Milestones)」、「製品開発ステージゲート(Product Development Stage-Gates)」、「イノベーションへの投資(Invested Innovations)」という3つのインパクト評価指標を用いて定量化し、投資のインパクトを明確にしています。そうすることで、GHIT Fundの投資に対する信頼性を高めることができ、かつ、製品開発パートナーとの協力関係をより一層強化することができると私たちは考えています。

また、Request for Proposal: RFPの内容を明確に設定した上で公募案件を発表するとともに、プロポーザルの選考過程ならびに評価基準(ニーズ&インパクト、科学技術、プロジェクトマネジメント)に関しても公開しています。投資が決定すると、製品開発パートナーやプロジェクトに関する概要がGHIT Fundのウェブサイト「GHIT Fund Portfolio」に公開されます。

データ・プロダクト・アクセスポリシーに明記されているように、GHIT Fundが投資するプロジェクトを通じて得られた全てのデータや結果等は、それらを活用してさらに新たな製品開発を世界規模で推進していくことを目的に、幅広くかつ速やかに公開されることになります。また、GHIT Fundの製品開発パートナーは、アクセスリポジトリやそれに類するアクセス関連のプラットフォームを活用して、得られた新たな発見や知見をより大規模な世界の研究開発コミュニティに対して共有していきます。