NEWS


大村智北里大学特別栄誉教授 ノーベル医学・生理学賞受賞
2015.10.06

このたび、2015年10月5日、北里大学の大村智特別栄誉教授ら3氏が2015年のノーベル医学・生理学賞を受賞されました。大村教授は、顧みられない熱帯病の一つとして知られる、失明を引き起こすオンコセルカ症(河川盲目症)の治療薬「イベルメクチン」の開発など、数多くの抗生物質を発見したことで世界的に知られています。大村教授は、今回のノーベル医学・生理学賞共同受賞者の一人、キャンベル博士とともにイベルメクチンを実用化へと導きました。

 

大村教授は、静岡県の土壌から新種の放線菌を発見し、その放線菌から産生されるエバーメクチンが様々な寄生虫疾患に効果があることを突き止めました。その後、エバーメクチンは化学構造を変えた駆除薬「イベルメクチン」として製品化され、現在では途上国に蔓延するオンコセルカ症やリンパ系フィラリア症の治療薬として使用されています。

 

「大村教授の発見がなければ、2億人以上の人々を感染症から救うことはできなかったでしょう。これがまさにイノベーションの力です。私たちGHIT Fundは、感染症の制圧のために日本の製品開発をさらに推進していきたいと考えています。改めて、大村教授に敬意を表し、ノーベル賞受賞を心から祝福いたします。」とGHIT Fund CEOのスリングスビーは述べています。

 

また、もう一人の共同受賞者である中国のトゥ・ヨウヨウ中国伝統医学研究院教授は、世界的なマラリア治療薬アルテミシニンを発見し、マラリアによる死亡率を劇的に減少させることに大きく貢献しました。

 

ノーベル委員会は「大村教授、キャンベル教授、トゥ教授による、エバーメクチンとアルテミシニンの発見は、寄生虫疾患で苦しむ世界中の患者の治療法を画期的に発展させました。3氏が発見した治療薬の世界に対するインパクトと、人類への貢献は計り知れません。」と述べています。

 

こうしたグローバルヘルスR&Dの事例を一つでも多く日本から生み出せるように、GHIT Fundは官民で連携し、世界の人々を感染症から守るための治療薬、ワクチン、診断薬の開発を推進して参ります。

 

 

参考記事:Yahoo! JAPAN共同企画インタビュー

化学者、2億人を救う。「元高校教師」が生み出した薬

 

 

  

写真:2015年6月26日に東大で開催したシンポジウム「グローバル・パートナーシップ時代のマラリア研究開発」での大村教授による基調講演。