• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7

GHIT ANNUAL PARTNERS MEETING 2016

GHIT ON THE GROUND

INNOVATION & IMPACT


2000年以降、国際社会が一丸となって取組みを強化してきたHIV/AIDS、マラリア、結核の三大感染症に加えて、今日では、顧みられない熱帯病(NTD)、薬剤耐性微生物(AMR)、エボラ熱、ジカ熱、中東呼吸器症候群(MERS)など、これまであまり注目されることのなかった感染症が、日々国際社会に大きな衝撃と懸念をもたらしています。

グローバル化が進むとともに感染症の拡大リスクは高まり、新たな治療薬・ワクチン・診断薬の研究開発は言うに及ばず、迅速に感染症を探知するためのサーベイランス、早期封じ込め体制、保健システムの強化、そして国際社会が効果的かつ効率的に連携できる仕組み(グローバルヘルス・ガバナンス)の構築など、包括的かつ戦略的な感染症対策がますます求められています。2016年5月には伊勢志摩サミットが開催され、日本は議長国としてこうしたグローバルヘルスの議論をリードしていくことが期待されています。GHIT Fundが推進する製品開発は、開発途上国の公衆衛生の改善と持続可能な発展に貢献するのみならず、日本国内の人々の健康と安全を守る上でも最も重要な取り組みの一つです。

2015年、オンコセルカ症(河川盲目症)、リンパ系フィラリア症(象皮症)の「イベルメクチン」開発に大きく寄与した「エバーメクチン」の発見に対する、大村智北里大学特別栄誉教授へのノーベル生理学・医学賞授与は国内外の多くの人々に勇気と感動を与え、創薬分野における日本の技術力、イノベーション創出力の高さを世界に示しました。世界に先駆けて行われた官民連携による製品開発・供給、医薬品アクセスの向上は、今もなおグローバルヘルス分野で最も成功した事例として語られています。こうした事例を一つでも多く日本が国際社会と連携しながら生み出すこと、その実現に貢献することがGHIT Fundの役割といえます。

こうしたグローバルヘルスにおける潮流を踏まえながら、本年のGHIT Annual Partners Meeting 2016では、「Session 1: GHIT on the Ground: Innovation & Impact」と題して、GHIT Fundが現在投資する2つの臨床試験に携わる専門家によるパネルディスカッションを行います。臨床試験に至るまでの製品開発の経緯、多くの課題をどのように乗り越えてきたのか、そして臨床試験の進捗や今後の計画についてディスカッション頂きます。「Session 2:Partner Expansion」では、GHIT Fundの資金拠出パートナー、スポンサーとして新たに参画を決めた民間企業や財団等からパネリストを招いて、セクター間の垣根を越えてグローバルヘルスに取組む意義や、各社・各団体の具体的な貢献内容についても議論を深めていきます。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

    日時
  • 2016年6月7日(火)14:00 – 16:30
  • 会場
  • 六本木 アカデミーヒルズ 49タワーホール
  • 入場料
  • 無料(事前のウェブ登録が必要です。こちらからご登録下さい。)
  • 参加者
  • 450名(参加者が上限に達し次第、登録を締め切らせて頂きます。)
  • 言語
  • 英語および日本語(同時通訳)
  • Session 1
  • GHIT on the Ground: Innovation & Impact
  • Session 2
  • Partner Expansion
※イベントのスピーカーやアジェンダは予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。
    Opening Remarks
  • 開会のご挨拶
  • Dr. BT SLINGSBY
  • スリングスビー B.T.

    公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金CEO兼専務理事
    略歴
  • Session 1. GHIT on the Ground: Innovation & Impact
  • パネルディスカッション
    • ムヒディン・カッシッム・マヘンデ医師
    • ムヒディン・カッシッム・マヘンデ 氏

      タンザニア イファカラ保健研究所
      クリニカルリサーチオフィサー
      略歴
    • 小島 宏行 氏
    • 小島 宏行氏

      アステラス製薬株式会社技術本部製剤研究所
      主管研究員
      略歴
    • ソディオモン・ビアンヴェニュー・シリマ医学博士
    • ソディオモン・ビアンヴェニュー・シリマ氏

      ブルキナファソ国立マラリア研究センター
      エグゼクティブディレクター
      略歴
    • 堀井 俊宏 博士
    • 堀井 俊宏氏

      大阪大学微生物病研究所・附属難治感染症対策研究センター
      分子原虫学分野・教授
      略歴
  • Session 2. PARTNER EXPANSION
  • パネルディスカッション
    • 藤村 修一氏
    • 藤村 修一氏

      全日本空輸株式会社 取締役常務執行役員
      国際提携部・調達部担当
      略歴
    • 宮澤 弦氏
    • 宮澤 弦氏

      ヤフー株式会社 上級執行役員
      メディア・マーケティングソリューションズグループ長
      略歴
    • アン ミルズ ドゥガン
    • アン ミルズ ドゥガン氏

      ウェルカム・トラスト
      イノベーションズ・ビジネス開発部門
      Seeding Drug Discovery Fund統括
      略歴
    • 花井 陳雄氏
    • 花井 陳雄氏

      協和発酵キリン株式会社
      代表取締役社長
       
      略歴
  • Closing Remarks
  • 閉会のご挨拶
  • 黒川 清
  • 黒川 清

    公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金会長
    政策研究大学院大学客員教授、日本医療政策機構代表理事
    略歴

GHIT Fund LIBRARY

  • GHIT Cultural DNA:Movie
    GHIT Cultural DNA:Movie
  • GHIT Cultural DNA:Script (PDF)
    GHIT Cultural DNA:Script (PDF)
  • GHIT Fund Animation, June 2014
    GHIT Fund Animation, June 2014
  • GHIT Cultural DNA:Script (PDF)
    GHIT Cultural DNA:Script (PDF)
  • Annual Partners Meeting 2015
    Annual Partners Meeting 2015
  • Annual Partners Meeting 2014
    Annual Partners Meeting 2014